若はげを治療するためのHowToとおすすめのAGA専門病院



若はげ 治療



若はげを治療するためのHowTo

若はげを治療するなら、どのクリニックに行くべきか

自分が若はげではないかと気がついたとき、クリニックで治療ができるということがわかっても実際にどのクリニックへ行くべきなのか悩む人は多いでしょう。一般のクリニックへ行くことを考えている人の場合は、まず診療科で迷うことでしょう。

若はげに限らず、脱毛症や頭皮の炎症などは全て皮膚科で診療します。皮膚科の中に発毛外来がある場合もありますが、なくても普通の皮膚科でプロペシアなどの処方をしてもらえます。簡単な問診をした後で3か月に1度くらいのペースで通院しその都度、薬を処方してもらうような形がほとんどです。

若はげの治療にはもう1つのクリニックがあります。それがAGA専門クリニックです。

一般の皮膚科と違うのは、初診時に頭部の撮影を行い、その後、定期的に撮影していきます。こうすることによって症状の改善が客観的に見られるので便利です。その後は専門医による触診や視診で実際に目で見て触れて頭皮の状態を診察します。さらに血液検査で今後、使うと思われる治療薬が体に合うかどうかのチェックと遺伝子診断をして、男性ホルモンの影響度を確認します。

このように一般のクリニックではしない細かい検査を初診の時点でやってしまいます。そして1ヶ月分の内用薬と外用薬の処方を行い、薬が無くなる頃にまた定期的に健診を受けて、しばらく通院することになります。

若はげ治療は早いうちに発見して治療するのが最も望ましく、プロペシアの効果がどんどん出やすくなりますから相談してみましょう。

AGA専門のクリニックのメリット・デメリット

専門のクリニックではとにかく髪の毛を発毛させることに重点を置きます。若はげで一般の皮膚科には行きづらいという人でも、専門クリニックなら同じ悩みを持っている人がたくさん訪れるので安心感があります。また一般の皮膚科だと問診をして後は薬を処方するだけの治療法ですが、専門クリニックだと初診で頭部の写真撮影や血液検査をし、プロペシアなどの内服薬のほかにミノキシジル配合の育毛剤やクリニックオリジナルの育毛剤も処方されたりします。

専門医による頭部の触診や視診も丁寧に行われ、その人の特性に合わせた治療計画を立ててもらえます。治療計画もわかりやすく解説していくので不安なことがあれば質問でき、悩みも気軽に聞いてもらえる雰囲気のクリニックが多いです。

定期的な検査があり、薬の効果が出てきて若はげの改善が見られたり、逆に思ったほど効果が無かったりするとその時の状況に応じて治療方針を柔軟に変えられるのも専門クリニックのメリットといえます。

一般の皮膚科だと通院ペースは3か月に1度に対し、専門クリニックだと週に1回または2回が通常です。忙しい人だと通院が大変な場合がありますが、継続的に若はげ治療の専門的な助言や、臨機応変な改善指導を受けることができるので若はげに対する効果は絶大です。

治療が完了する目安の6ヶ月だけ通院が大変ですが、今まで大きな悩みだった若はげを改善できるのであれば、頑張って通院できるのではないでしょうか。

若はげ治療にかかる費用

若はげの治療は保険適用外となります。そのため治療方法によって費用の差がかなり出てくる場合があり、試しに若はげ治療をやってみようという手軽な感じではないのが現実です。ではどのくらいの費用がかかるのか大体の目安の金額を挙げてみましょう。

若はげ治療には欠かせないのみ薬のプロペシアは1か月分で1万円ほどかかります。個人輸入だと少し安く買えます。しかし、思わぬ副作用がありますから処方薬が安心です。また血行を良くする効果のある育毛剤や塗り薬のミノキシジルは1か月で8千円ほどです。

これらのような内容でかかる1か月の費用は一般の皮膚科だと1万5千円、専門クリニックだと倍くらいの3万円くらいになります。専門クリニックの費用がダントツで高くなりますが、一般の皮膚科はAGAの進行を遅らせるというのが目的なのに対し、専門クリニックは発毛が目的なので、効果は歴然です。1年で40万円という高額治療にはなりますが、本気で若はげを克服したいのならなんとか治療を受けたいものです。

全額負担ではありますが、場合によっては税金の控除をしてもらえる医療費控除が利用できます。医療費がある一定の金額を超えた場合に利用できるもので、若はげの治療にも使えることがあります。医師の診断を受け、処方箋が出ていれば対象となることが多いので、治療する前に対象になるかどうか問い合わせてみるといいかもしれません。

ちなみに通販など個人で手に入れたものなどは対象外になります。

若はげ治療に使う薬の効果とは

若ハゲの治療には内用薬と外用薬があります。内用薬で有名なのはプロペシアという薬です。男性ホルモンに関わって短くされてしまった毛周期を正常な状態に戻し、太く成長する髪の毛を作るものです。

フィナステリド剤は毎日飲むことが大切です。目安として6ヶ月毎日続けないと効果がありません。途中でやめてしまうとまた振り出しにもどってしまい、若ハゲはまた進行していきます。現在では90パーセントの人にハゲの改善効果があるとされています。副作用は、精力減退などが挙げられますが、確率としては稀に起こる程度のようです。もし副作用が起こったとしてもプロペシアの内服を中止することですぐに回復するので、若ハゲ改善のためには早めの服用がおすすめです。

プロペシアと併用すると発毛の相乗効果が期待できるのはミノキシジルです。主に塗り薬や育毛剤などの外用薬として使われる成分です。ミノキシジルは発毛する効果はありませんが、血管を拡張して頭皮の血行を良くし、丈夫な髪の毛を作りやすい環境づくりに一役買ってくれるのです。プロペシアと併用するとより早く太い髪の毛が生えてきやすくなり、若ハゲが見る見るうちに改善していくのがわかるでしょう。

ちなみに女性の若ハゲにはプロペシアは効果がありません。そして妊婦に関しては錠剤に触れることも禁止されています。男の子を妊娠している場合にお腹の中で男性の生殖器を形成するのに必要なホルモンが壊れてしまうためです。

若はげの治療におすすめのAGA専門病院

AGAスキンクリニック
価  格 9,999円
定期価格 9,999円
容  量 000g
送  料 999円
返金保障 あり
定期コース あり
セット内容 あり

テキストが入ります。
ゴリラクリニック
価  格 9,999円
定期価格 9,999円
容  量 000g
送  料 999円
返金保障 あり
定期コース あり
セット内容 あり

テキストが入ります。
銀クリAGA
価  格 9,999円
定期価格 9,999円
容  量 000g
送  料 999円
返金保障 あり
定期コース あり
セット内容 あり

テキストが入ります。