若はげの原因となる5つの状況 - 若はげ治療ゼミ若はげ治療ゼミ



若はげ 治療



若はげの原因となる5つの状況

若はげの原因となる5つの状況について紹介します。

若はげの原因として真っ先に考えられるのは、遺伝による若はげですが、他にも原因がないわけではありません。
原因を特定する上で一番良い方法はAGA専門の病院へ行き、診察を受けることですが、その前に予備知識として知っておきたいという人は、しっかりと自分のケースと見比べて確認をしておきましょう。

若はげの原因が遺伝のケース

若はげの中でも男性型脱毛症の原因には遺伝によるものがあります。よくお父さんもおじいちゃんも若はげだったから自分も若はげになるに違いないと思い込んでいる人いますが、実は少し違うのです。

遺伝によって髪が薄くなるというのはありますが、若はげの遺伝子をもらうのはお母さんの遺伝子であるということが近年わかってきました。ですからとお父さんがハゲていてもお母さんのお父さんがフサフサであれば自分が若くしてハゲるという可能性は低くなります。自分がハゲてしまうのかどうかを予想するには母方の親戚のヘア状況を見ると大体予想がつくのではないでしょうか。

お母さんの遺伝子をもらうのですが、では兄弟みんながハゲてしまうのかと言ったらそうではありません。あくまでもハゲる可能性が高いのを受け継いでいるということなので兄がハゲて弟がフサフサということは十分にあり得ます。そのため遺伝と思い込んでいたのに生活習慣を改善したら毛が生えてきたという人も中にはいるのです。

以前は遺伝だからとあきらめていた男性型脱毛症でも現在では医学が発展し、発毛効果のある薬や効果が強い育毛剤などが使えるようになり、ハゲてしまっても治療して元の髪の毛に戻すことができる時代になりました。ですからこれから自分はハゲると思い悩まずになるべく発症しないように生活習慣を改善したり、頭皮を健康にするケアを欠かさずに日常生活に組み入れたりして余計なストレスが溜まらないように過ごすことが大切です。

若はげの原因が男性ホルモンの影響によるケース

男性型脱毛症は男性ホルモンの影響によって発症してしまうケースもあります。男性ホルモンの種類の中でジヒドロテストステロンというものが毛根の器官に作用し毛周期の中で一番髪の毛が成長する時期である成長期を短くしてしまい成長する前に髪の毛が抜ける準備を進める期間へ強制的に突入させてしまうのです。これが繰り返されると次第に髪は細く短くなっていき最終的には生えてこなくなって若はげとなります。

この症状を食い止めるのによく知られている薬でプロペシアというものがあります。医師の処方箋が必要な薬ですからまずは受診して男性型脱毛症かどうかをはっきりさせると治療方針や育毛の心構えができるでしょう。

薬のほかにも男性ホルモンを減少させる方法があります。まずは有酸素運動をすることです。ゆっくりと行いカロリーを消費するので健康にもよく、おすすめです。逆に筋肉を発達させる無酸素運動をしてしまうと男性ホルモンが増えてしまい若はげを進行させる可能性があります。次に食事で男性ホルモンを抑えるものが、大豆に多く含まれるイソフラボンです。

イソフラボンは女性ホルモンのバランスが整いやすく抜け毛予防に効果があります。もう一つは亜鉛がいいとされています。牡蠣や海藻類に多く、新陳代謝を高める働きをするので健康な太い毛を育てることができます。このほかにも若はげの人が摂るといい影響を与える食べ物はたくさんありますが、まずはこの代表的な2種類の栄養素をしっかりと摂ることがとても重要です。

若はげの原因になる栄養不足

太い髪の毛を作るには何といっても栄養をたくさん与えることが重要です。これがきちんとできていないと、男性性脱毛症を発症した場合に進行速度に加速がついてしまいます。また男性型脱毛症でなくても、細くて薄い髪の毛になってしまう可能性は大いにあるのです。

若はげを予防するのにはまず脂っこいものやファーストフードやインスタント食品だけといった食事を続けるのはいけません。皮脂が詰まり炎症を起こすとその刺激によって脱毛してしまうことがあります。また髪の毛が酸欠状態になり栄養が十分に配分されなくなってしまいます。

髪の毛は主にたんぱく質で作られています。そのたんぱく質を消化して体に吸収させるのはビタミンやミネラルの働きによるのです。ですから大豆製品、魚やビタミンが多い野菜類、ミネラルが含まれている海藻類を軸にバランスよくとるようにしましょう。肉もたんぱく質が含まれていますが、植物性たんぱく質に比べると吸収の効率が悪いため、たまに食べるくらいにしたほうがいいかもしれません。

髪の毛の原料となるのはメチオニンというたんぱく質ですから吸収のよいたんぱく質を摂りましょう。ビタミンはそれぞれ若はげ予防のために良い働きをしてくれるものばかりです。それに加えてアリシンという栄養素が含まれているニンニクやニラ、玉ねぎなどは頭皮の血行を良くし、血液がサラサラになり強い髪の毛に育てることができるので若はげ予備軍の人にとってもたくさん摂っておきたい食べ物です。

若はげの原因になる頭皮の血行不良

髪の毛にとって頭皮の血行は、成長の具合に大きく影響し、若はげの進行度合いも左右します。血行が悪くなることによって、髪の毛に栄養が運ばれなくなって、いくら栄養を摂っていても運搬する働きが悪くなってしまうと意味がないのです。

髪の毛に必要な栄養は血液の中に含まれており、血管を通って毛根に取り込まれます。そのため血行を良くするとともに、血液の成分自体もドロドロではなくサラサラにするとより多くの養分を運ぶことができ、若はげの予防にもなるでしょう。

また、頭皮が固くなってしまいますから、古い角質がいつまでもあり、清潔さを保てなくなります。頭皮の血行不良には栄養が届かないことだけではなく、炎症を起こしてしまう恐れもあるのです。

まず原因を取り除くことが大事です。血管の収縮を促すタバコの吸いすぎや睡眠不足が代表的な原因です。それに加えて、パソコンやスマホのし過ぎによって目が疲れてストレスになり血管が収縮してしまう場合もあります。ストレスを受けると頭皮も突っ張ってきますから毛根に栄養を届ける毛細血管がつぶれてせき止められてしまう現象も起きるのです。

この緊張を解くのには頭皮マッサージが非常に有効です。目が疲れてきたとか、ストレスを感じてきたときにゆっくりと押しながらもみほぐすと血行が良くなり、同時に柔らかくなるため精神的にも緊張がゆるみリラックスできるでしょう。若はげが気になってきたら、空いた時間に頭皮マッサージする習慣をつけると予防にもなります。

若はげの原因はストレスで加速する

若はげは男性にかぎりません。女性の場合は強いストレスを受けた時のほかにダイエットや出産をしたために若はげになってしまうというケースもあります。この若はげは、男性と違って全体的に毛が抜けることが特徴です。ですから一目でわかるものでもなく、気がついたら頭全体のボリュームが減ってペタンコになっていたということが多いです。

男性型脱毛症と違う点がもう一つあって、進行に歯止めをかけることが可能なので程度によっては一般病院でも治療が十分できるのです。ストレスによる若はげの場合はストレスの原因を解決してしまうと毛が増えてくる可能性が高いです。ダイエットの場合も無理な食事制限するとストレスにもなりますし栄養が髪の毛に行かなくなることで起こりますからダイエットの度合いも過度はやめて適度なものに変更すると、自然と髪の毛のボリュームは戻っていきます。

出産後は、生活習慣でなく女性ホルモンによるものなのでいくら気をつけていても若はげになることがあります。これは妊娠中に抜け毛を抑制する女性ホルモンが増えるため、もともと自然脱毛する髪の毛が抜けず、出産後に女性ホルモンの量が正常に戻ってくると抑制されていた髪の毛が一気に自然脱毛するという現象です。

これは髪の毛だけでなく全身の毛にも言えることで、妊娠中は毛が濃くなるというのはこのことからきています。出産後はかなりの抜け毛でこのままになるか心配になりますが、1年ほどで自然に元に戻ります。

女性でも若はげになる場合がある

若はげは男性にかぎりません。女性の場合は強いストレスを受けた時のほかにダイエットや出産をしたために若はげになってしまうというケースもあります。この若はげは、男性と違って全体的に毛が抜けることが特徴です。ですから一目でわかるものでもなく、気がついたら頭全体のボリュームが減ってペタンコになっていたということが多いです。

男性型脱毛症と違う点がもう一つあって、進行に歯止めをかけることが可能なので程度によっては一般病院でも治療が十分できるのです。ストレスによる若はげの場合はストレスの原因を解決してしまうと毛が増えてくる可能性が高いです。

ダイエットの場合も無理な食事制限するとストレスにもなりますし栄養が髪の毛に行かなくなることで起こりますからダイエットの度合いも過度はやめて適度なものに変更すると、自然と髪の毛のボリュームは戻っていきます。

出産後は、生活習慣でなく女性ホルモンによるものなのでいくら気をつけていても若はげになることがあります。これは妊娠中に抜け毛を抑制する女性ホルモンが増えるため、もともと自然脱毛する髪の毛が抜けず、出産後に女性ホルモンの量が正常に戻ってくると抑制されていた髪の毛が一気に自然脱毛するという現象です。

これは髪の毛だけでなく全身の毛にも言えることで、妊娠中は毛が濃くなるというのはこのことからきています。出産後はかなりの抜け毛でこのままになるか心配になりますが、1年ほどで自然に元に戻ります。